コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐絵目利 からえめきき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐絵目利
からえめきき

江戸時代,長崎を通じて輸入される品物のうち,中国絵画など外国絵画を検閲,鑑定,模写する役職名。元禄 10 (1697) 年頃渡辺秀石がなったのが最初で,次いで広渡 (ひろわたり) ,石崎,荒木の3家が加わって,上記4家がそれぞれ世襲し,いずれも長崎に居住した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の唐絵目利の言及

【石崎融思】より

…江戸後期の長崎の画家。荒木元融の子で唐絵目利(からえめきき)石崎家の名跡を継ぎ,文化年間(1804‐18)には長崎画壇の大御所となった。唐絵目利職は長崎奉行の直轄下にあり,舶載画の鑑定や輸入品の図写を仕事としたため,写生的な画風を要求された。…

※「唐絵目利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐絵目利の関連キーワード荒木如元荒木元融荒木千洲川原慶賀ガラス絵石崎融思渡辺秀実上杉桂翁三浦梧門石崎元徳広渡一湖長崎派

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android