コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐絵目利 からえめきき

1件 の用語解説(唐絵目利の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐絵目利
からえめきき

江戸時代,長崎を通じて輸入される品物のうち,中国絵画など外国絵画を検閲,鑑定,模写する役職名。元禄 10 (1697) 年頃渡辺秀石がなったのが最初で,次いで広渡 (ひろわたり) ,石崎,荒木の3家が加わって,上記4家がそれぞれ世襲し,いずれも長崎に居住した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の唐絵目利の言及

【石崎融思】より

…江戸後期の長崎の画家。荒木元融の子で唐絵目利(からえめきき)石崎家の名跡を継ぎ,文化年間(1804‐18)には長崎画壇の大御所となった。唐絵目利職は長崎奉行の直轄下にあり,舶載画の鑑定や輸入品の図写を仕事としたため,写生的な画風を要求された。…

※「唐絵目利」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone