唱法(読み)しょうほう(英語表記)singing

翻訳|singing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唱法
しょうほう
singing

声楽曲歌唱の直接の訓練として行われる,実際的な発声技術の訓練法。レガートスタッカート,メッサ・ディ・ボーチェ,ポルタメント唱法など技術的,内容的に広範で多岐にわたる。唱法はまずイタリアで発達した。イタリア語自体が歌唱に適していることも手伝って「ベルカント唱法」が生れ,まさに「美しく歌う」ことに歌手たちは最大の訓練を必要とされた。正しい歌唱法は,結局正しい発声法のうえに築かれるものであり,徹底的な訓練だけではなく,生理学音声学とも関連する知識のうえに樹立されなければならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唱法の関連情報