商法典(読み)しょうほうてん

精選版 日本国語大辞典「商法典」の解説

しょう‐ほうてん シャウハフテン【商法典】

〘名〙 商事に関する基本的な法典。明治三二年(一八九九)に制定され、その後いくたびかの改正を経て現在に至っている。総則・会社・商行為・海商の四編から成る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の商法典の言及

【商法】より

…通常は商法典をさす。日本には1899年に制定され,同年6月16日から施行された商法(第1編総則,第2編会社,第3編商行為,第4編海商)がある。…

※「商法典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android