商事(読み)しょうじ

精選版 日本国語大辞典「商事」の解説

しょう‐じ シャウ‥【商事】

〘名〙
商売に関することがら。商業上の事柄
和蘭字彙(1855‐58)「Zij is zeer gesleepen op dien handel. 彼女ハ其商事ニ甚利イ」
商法によって規定されるすべての事項。〔商法(明治三二年)(1899)〕

あきない‐ごと あきなひ‥【商事】

〘名〙 あきないのわざ。商売。取引。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「商事」の解説

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【商事】

商業・商売に関する事柄。
商法によって規定されるべき事項。
商事会社」の略。
[類語]商業商売売り買い売買取引あきな小商い交易流通流通産業流通機構営業営利事業経営商行為業務ビジネス外商外交セールス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android