コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商社外貨保有制度 しょうしゃがいかほゆうせいど

1件 の用語解説(商社外貨保有制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商社外貨保有制度
しょうしゃがいかほゆうせいど

商社持高集中制ともいう。外貨保有を認められた商社は一定金額の範囲内で外国為替銀行 (→外国為替公認銀行 , 外国為替専門銀行 ) から外貨を買入れ,これを海外の銀行に対する本社名義の外貨預金または海外支店もしくは現地法人に対する貸付金として運用することができ,この運用益も保有外貨と同じ扱いを受ける。この制度の目的は外貨資金を自己資金として保有させ,海外における商社活動を活発たらしめることにある。保有外貨の運用使途に制限はないが,日本への輸出金融に使用する場合は,船積み書類の日本到着時までであり,保有外貨の円転換については事前に日本銀行への届け出が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone