コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商社 しょうしゃcommercial firm; trading company

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商社
しょうしゃ
commercial firm; trading company

金融機関や事業会社,生産会社と区別して,商品の売買を業とする会社などをさしていうが,一般にはメーカーと区別するための通俗的な用語である。専門商社総合商社に大別される。法律上は本来商行為その他の営利行為を業とする目的で設立された社団法人 (商法 52条1項,54条1項) であり,民事会社と対立する概念である。現在では商法が民事会社にも商事会社の規定を適用しているから,法律上両者を区別する意味はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しゃ〔シヤウ‐〕【商社】

輸出入貿易を業務の中心にした商業を営む会社。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

商社

卸売業者、中間流通業者。また、特に貿易を中心とした企業を指す。その代表格である総合商社は日本経済と海外の重要な橋渡しの役割を担っている時代もあったが、経済構造の変化やメーカーが独自に商社機能を持つところも出て、厳しい時代を迎えている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうしゃ【商社】

商品取引を事業の中心とする会社。 → 総合商社

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

商社
しょうしゃ

一般に内外国貿易を業務の中心にした商業を営む会社をいい、大規模で取扱い商品の種類が広範に及ぶものは総合商社とよばれる。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

商社の関連キーワードジャーディン・マセソン・ホールディングズ[会社]アレキサンダー・K. ヤングアッチャイウォーリ家商社外貨保有制度ユアサ商事[株]伊藤忠商事[株]阪和興業[株]ニチメン[株]川鉄商事[株]三菱商事[株]住友商事[株]三井物産[株]トーメン[株]日商岩井[株]住友商事(株)アイ・テック大宇[会社]カンパニー駒村 資正タイアップ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

商社の関連情報