商社(読み)ショウシャ

デジタル大辞泉 「商社」の意味・読み・例文・類語

しょう‐しゃ〔シヤウ‐〕【商社】

輸出入貿易を業務中心にした商業を営む会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「商社」の意味・読み・例文・類語

しょう‐しゃシャウ‥【商社】

  1. 〘 名詞 〙 内外国貿易を中心に商業を営む会社。商事会社商会。〔漢語字類(1869)〕
    1. [初出の実例]「銀行商社天下に遍く人民漸く議会結社の何物たるを知り」(出典:薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩政党)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「商社」の意味・わかりやすい解説

商社
しょうしゃ

一般に内外国貿易を業務の中心にした商業を営む会社をいい、大規模で取扱い商品の種類が広範に及ぶものは総合商社とよばれる。

[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「商社」の意味・わかりやすい解説

商社
しょうしゃ
commercial firm; trading company

金融機関や事業会社,生産会社と区別して,商品の売買を業とする会社などをさしていうが,一般にはメーカーと区別するための通俗的な用語である。専門商社総合商社に大別される。法律上は本来商行為その他の営利行為を業とする目的で設立された社団法人 (商法 52条1項,54条1項) であり,民事会社と対立する概念である。現在では商法が民事会社にも商事会社の規定を適用しているから,法律上両者を区別する意味はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報