コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商陸 ショウリク

大辞林 第三版の解説

いおすき【商陸】

ヤマゴボウの古名。

しょうりく【商陸】

ヤマゴボウの漢名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の商陸の言及

【ヤマゴボウ】より

…果実は8個の分果に分かれ,液質で熟すと黒紫色になる。根に多量の硝酸カリとアルカロイドのキナンコトキシンchynanchotoxinを含み,有毒植物であるが,漢方では商陸(しようりく)と呼び,利尿薬として使われる。葉は食用にされ,辛味があって美味であるが,多量に食べるのはよくない。…

※「商陸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報