コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山火口 ヤマボクチ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ぼくち【山火口】

キク科の多年草。山地の日当たりのよい所に生え、高さ約1メートル。葉は卵形で、裏面に白い綿毛密生する。秋、白い頭状花を横向きにつける。葉が羽状に裂けているものをキクバヤマボクチ、三角状のものをハバヤマボクチとよぶ。ともに綿毛が火口(ほくち)として用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぼくち【山火口】

キク科の多年草。山中の日当たりのよい草原に自生。高さ約1メートル。葉は卵形で羽状に切れ込み、裏面に綿毛を密生。秋、アザミに似た紅紫色の花が咲く。根・若葉は食用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山火口 (ヤマボクチ)

植物。キク科の多年草。キクバヤマボクチの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android