コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山火口 ヤマボクチ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ぼくち【山火口】

キク科の多年草。山地の日当たりのよい所に生え、高さ約1メートル。葉は卵形で、裏面に白い綿毛密生する。秋、白い頭状花を横向きにつける。葉が羽状に裂けているものをキクバヤマボクチ、三角状のものをハバヤマボクチとよぶ。ともに綿毛が火口(ほくち)として用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぼくち【山火口】

キク科の多年草。山中の日当たりのよい草原に自生。高さ約1メートル。葉は卵形で羽状に切れ込み、裏面に綿毛を密生。秋、アザミに似た紅紫色の花が咲く。根・若葉は食用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山火口 (ヤマボクチ)

植物。キク科の多年草。キクバヤマボクチの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山火口の関連キーワード乗鞍岳アザミ久住山三原山浅間山有珠山早川商陸山中自生食用若葉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android