コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山牛蒡(読み)ヤマゴボウ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ごぼう〔‐ゴバウ〕【山×蒡】

ヤマゴボウ科の多年草。高さ1メートル以上になり、太いゴボウに似た根がある。葉は大きく、卵形で、質は厚くて柔らかく、互生する。6~9月、白い小花の多数ついた穂を直立し、実は熟すと黒紫色になる。根は有毒であるが、漢方で商陸といい、利尿薬などにする。近縁にヨウシュヤマゴボウがある。とうごぼう。 花=夏》
ゴボウアザミモリアザミの根。漬物などにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまごぼう【山牛蒡】

ヤマゴボウ科の多年草。ときに栽培される。茎は太く、高さ約1メートルで、大きな楕円形の葉を互生。夏、直立する白色の花穂をつけ、液果は紫黒色に熟す。根は円柱形で、有毒だが商陸しようりくと称して利尿剤とする。葉は食用。 〔「山牛蒡の花」は [季] 夏〕
キク科モリアザミの根の俗称。漬け物にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android