コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啓示憲章 けいじけんしょうConstitutio dogmatica de divina revelatione

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

啓示憲章
けいじけんしょう
Constitutio dogmatica de divina revelatione

正式名は『神の啓示に関する教義憲章』。第2バチカン公会議 (1962~65) で採択された教義憲章の一つで,神の啓示に関してトリエント公会議 (1545~63) や第1バチカン公会議 (1869~70) でなされた決定を受けて,その一面性を補訂するとともに啓示理解の深化をはかった文書。はじめから案文について意見が分れたが,曲折の末 1965年 11月 18日採択,同日公布された。神の啓示を神の自己授与とし,単に言葉のみでなく神の働きかけ全体としてとらえた点に特長がある。そのほか信仰,啓示の伝達,聖書の霊感,旧・新約両聖書の性格,教会生活と聖書について論じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報