曲折(読み)きょくせつ

精選版 日本国語大辞典「曲折」の解説

きょく‐せつ【曲折】

〘名〙
① (━する) まがりくねること。折れまがること。また、折りまげること。きょくせち。→紆余曲折
※権記‐寛弘八年(1011)六月一三日「進退曲折必有揖、但廊内不揖」
※徒然草(1331頃)一五四「この間植木を好みて、ことやうに曲折あるを求めて目を喜ばしめつるは」
② (━する) 状態が変化すること。状態に変化があること。移り変り。変化。改変。
※御成敗式目(1232)起請「此内若雖一事、存曲折違犯者〈略〉神罸冥罸於各可罷蒙也」 〔繁欽‐与魏太子書〕
③ 物事のこみ入った事情。また、そのすべて。一部始終。いきさつ。委曲。委細。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「周密に心を用ひ、曲折を尽し、詳細を極むること、実にその所長にして」
※夫婦(1904)〈国木田独歩〉三「とても他の者に自分の深い感情の曲折(キョクセツ)を伝へ得る者ではない」 〔史記伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「曲折」の解説

きょく‐せつ【曲折】

[名](スル)
曲がりくねること。折れ曲がること。
「人通りの少ない夜寒の小路を―して」〈漱石こゝろ
物事がさまざまに入り組んで変化をすること。また、込み入った事情。「曲折を経る」「紆余うよ曲折
[類語](1屈曲屈折折れる曲がるうねうねくねくねうねくね紆余曲折紆曲紆余蜿蜒羊腸折るへし折る折る畳む折り畳む折り重ねる折れ曲がる折り曲げる折損ちぎれる切り離す張り裂ける断ち切る真っ二つばらすぽっきりぽきりぼきぼきぽきぽきぼきりぽきんぼきんばきばきぱきぱきめりめりみりみりばりばり/(2経緯過程いきさつ顛末一部始終プロセス始末次第子細

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「曲折」の解説

【曲折】きよくせつ

ことの経過。〔史記、李()将軍伝〕(、上書して、天子に軍の曲折を報ぜんと欲す。廣~曰く、尉罪無し。乃ち我自らを失へり。吾(われ)今自らを上(たてまつ)らんと。

字通「曲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android