コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善化寺 ぜんかじShan-hua-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善化寺
ぜんかじ
Shan-hua-si

中国,山西省大同市にある寺院。俗称,南寺。創建は唐玄宗の開元年間で開元寺と称し,五代に普恩寺と改め,明の正統 10 (1445) 年に善化寺と改称した。建物は遼代の遺構と考えられる大雄宝殿,普賢閣,金代の三聖殿,天王殿がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の善化寺の言及

【大同】より

…文化財もきわめて多く,雲岡石窟は市の西16kmの武周山南麓にあり,東西1kmにわたって現存する53の洞窟内には5万をこえる仏像が残る。また観音堂,善化寺なども重要な歴史的建造物で,後者は遼・金時代の建築も残っている。【河野 通博】
[平城遺跡]
 同市北郊にあった北魏の旧都。…

※「善化寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android