喜多 武四郎(読み)キタ タケシロウ

20世紀日本人名事典の解説

喜多 武四郎
キタ タケシロウ

大正・昭和期の彫刻家



生年
明治30(1897)年12月12日

没年
昭和45(1970)年11月28日

出生地
東京・本所

別名
号=寒泉,茸々子

学歴〔年〕
川端画学校

主な受賞名〔年〕
院展文部大臣賞(第44回)〔昭和34年〕「習作

経歴
川端画学校に学び、大正7年戸張孤雁に師事、日本美術院研究所に入り彫刻を学んだ。9年院展に初入選、10年院友、昭和2年同人となった。以後院展に出品を続け、34年第44回院展で「習作」が文部大臣賞受賞、36年彫刻部解散まで出品を続けた。43年日本画府彫塑部会員に迎えられた。「釈迦三尊」「老婦」「嘉璋老人」などの代表作がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android