釈迦三尊(読み)シャカサンゾン

大辞林 第三版の解説

しゃかさんぞん【釈迦三尊】

釈迦像を中央に脇侍きようじに二菩薩を配した形式。脇侍には普通、普賢ふげん・文殊もんじゆの二菩薩を配するが、薬王・薬上の二菩薩、また迦葉かしよう・阿難あなんを置くこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釈迦三尊
しゃかさんぞん

釈迦仏を中尊に、薬王(やくおう)、薬上(やくじょう)、または文殊(もんじゅ)、普賢(ふげん)の2菩薩(ぼさつ)を左右の脇侍(わきじ)とする様式。[江口正尊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釈迦三尊の関連情報