コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多十大夫長経 きた じゅうだゆう ながつね

1件 の用語解説(喜多十大夫長経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多十大夫長経 きた-じゅうだゆう-ながつね

?-1702 江戸時代前期の能役者シテ方。
喜多流4代七大夫長寛が夭折(ようせつ)したため,元禄(げんろく)2年5代をつぐ。のち中条市右衛門と改名し,徳川綱吉に近習としてつかえたが,その怒りにふれ知行没収のうえ逼塞(ひっそく)となる。兄の権左衛門が6代をつぎ七大夫成能となる。元禄15年死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜多十大夫長経の関連キーワード大蔵庄左衛門観世銕之丞(3代)金剛右京(1)金剛三九郎金剛勝吉金春元信渋谷三郎右衛門島谷吉兵衛宝生重房宝生友通

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone