コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩村藩 いわむらはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

いわむらはん【岩村藩】

江戸時代美濃(みの)国恵那(えな)郡岩村(現、岐阜県恵那市岩村町)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は知新館。関ヶ原の戦いの翌1601年(慶長(けいちょう)6)、徳川氏譜代の家臣松平(大給(おぎゅう))家乗(いえのり)が2万石で入り立藩した。子の乗寿(のりなが)のあと、38年(寛永(かんえい)15)に三河(みかわ)国伊保(いぼ)藩から丹羽氏信(にわうじのぶ)が2万石で入った。しかし、5代氏音(うじおと)のとき御家騒動が起き、1702年(元禄15)、越後(えちご)国高柳(たかやなぎ)藩へ減移封となった。代わって信濃(しなの)国小諸(こもろ)藩から松平乗寿の孫の松平乗紀(のりただ)が2万石で入り、以後明治維新まで松平(大給)氏7代が続いた。歴代藩主の多くが老中をはじめ幕府の要職を歴任、2代乗賢(のりかた)のとき1万石の加増を受け3万石となった。岩村藩は小藩だったが、文教藩として全国に名を馳せた。1702年に入封した乗紀は、美濃国では最初の藩校文武稽古所を創設、藩士の子弟を教育した。のちに藩校は、論語の「温故而知新」から「知新館」と改められた。1871年(明治4)の廃藩置県により、岩村県を経て岐阜県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩村藩
いわむらはん

美濃(みの)国恵那(えな)郡岩村(岐阜県恵那市岩村町)に置かれた譜代(ふだい)藩。恵那・土岐(とき)両郡で2万石、のち3万石となる。1601年(慶長6)松平家乗(いえのり)が入封し、乗寿(のりなが)と続いたあと、1638年(寛永15)丹羽氏信(にわうじのぶ)が藩主となる。氏音(うじおと)の代に家中騒動が起き、1702年(元禄15)幕府の裁許で氏音が処罰された。かわって乗寿の孫の石川(のち松平)乗紀(のりただ)が入り、以後代々襲封。乗美(のりよし)のとき陶器の専売、国産奨励などの藩政改革に着手するが、1837年(天保8)領民の家老宅襲撃などの反対運動で失敗した。藩校智新館は元禄(げんろく)年間(1688~1704)に設置された。1871年(明治4)廃藩、岩村県を経て岐阜県に編入。[渡辺和敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩村藩の言及

【岩村[町]】より

…江戸時代は松平氏,丹羽氏と城主は変遷したが,1702年(元禄15)以降,松平氏2万石(のち3万石)の城下町として発展した。岩村藩は学問に力を注ぎ,林述斎,佐藤一斎などの儒者を生んだ。現在は農業と製糸・製材業が行われ,冬季には寒冷な気候を利用して寒天が製造される。…

※「岩村藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩村藩の関連キーワード丹羽瀬清左衛門塚本源右衛門岐阜県恵那市早矢仕有的中西 正樹三学の精神岩村[町]佐藤一斎墓岩村〈町〉松平 乗命恵那(市)松平乗薀天庵全尭松平乗喬松平乗命松平乗美松平家乗松平乗保中西正樹松平乗政

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩村藩の関連情報