喜多松冠柳(読み)きたまつ かんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「喜多松冠柳」の解説

喜多松冠柳 きたまつ-かんりゅう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者
元文(げんぶん)5年(1740)初代中村粂太郎(くめたろう)が座本をつとめる京都の都万太夫座顔見世狂言飛鳥鳳闕神代巻(あすかのみやこじんだいのまき)」にはじめて名がみえ,京都で作者をつとめた。延享4年(1747)布袋屋(ほていや)座「大矢数四十七本以後消息は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android