コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多松冠柳 きたまつ かんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多松冠柳 きたまつ-かんりゅう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
元文(げんぶん)5年(1740)初代中村粂太郎(くめたろう)が座本をつとめる京都の都万太夫座顔見世狂言「飛鳥鳳闕神代巻(あすかのみやこじんだいのまき)」にはじめて名がみえ,京都で作者をつとめた。延享4年(1747)布袋屋(ほていや)座「大矢数四十七本」以後の消息は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多松冠柳の関連キーワード元文

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android