コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多松冠柳 きたまつ かんりゅう

1件 の用語解説(喜多松冠柳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多松冠柳 きたまつ-かんりゅう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
元文(げんぶん)5年(1740)初代中村粂太郎(くめたろう)が座本をつとめる京都の都万太夫座顔見世狂言「飛鳥鳳闕神代巻(あすかのみやこじんだいのまき)」にはじめて名がみえ,京都で作者をつとめた。延享4年(1747)布袋屋(ほていや)座「大矢数四十七本」以後の消息は不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜多松冠柳の関連キーワード伊藤柳枝桂の吉木村園夫竹本三郎兵衛(3代)津打門三郎(2代)津田又市戸川不琳並木良輔早川伝四郎吉田十郎兵衛(2代)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone