コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔見世狂言 かおみせきょうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔見世狂言
かおみせきょうげん

江戸時代の歌舞伎興行の慣習で,11月の興行を顔見世という。興行主 (座元) と俳優との契約は1年ごとで,11月に切替えられたので,この月は芝居の正月として最も重視された。上方で始った形態が江戸に伝わり,12月の上方とともに盛んに催された。新しい座組の顔ぶれの披露の意味で,演目は内容の複雑なものではなく,祝儀気分の濃い,ごく軽いものが多いが,儀式的な種々の決りがある。江戸では,一番目 (時代物) 狂言の三立目 (みたてめ) に『 (しばらく) 』が必ず演じられ,ほかに舞踊劇顔見世物が出された。今日ではこの慣習はすたれ,顔見世興行と称する場合にも実質的には意味がない。名古屋御園座の 10月,東京歌舞伎座の 11月,京都南座の 12月公演がそれぞれ恒例となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かおみせ‐きょうげん〔かほみせキヤウゲン〕【顔見世狂言】

顔見世に上演する歌舞伎狂言劇中一座役者を紹介するが、筋を展開させるうえで、時代や場面などにいろいろな約束事があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かおみせきょうげん【顔見世狂言】

江戸時代の歌舞伎で、各座が毎年10月に一年契約で役者を入れ替え、新しい一座の顔見世を目的として11月に上演した狂言。また、その興行。現在も、東京での11月興行、京都南座での12月興行にこの名があるが、南座は東西の役者の顔合わせの意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の顔見世狂言の言及

【顔見世】より

…上方から下ってくる役者,江戸から上る役者もこの機会に入座することが通例で,これを迎える〈乗込み〉の式が月末にあり,11月1日は太夫元をはじめ劇場関係者は,裃または羽織袴で訪れあい祝儀を述べ,3日間は芝居国の正月として雑煮を祝うなどした。11月に演じられる特殊な狂言を〈顔見世狂言〉,そのおりに発行される番付を〈顔見世番付〉と称した。初日は江戸では11月1日が通例で,観客は前夜から徹夜で入場した。…

【歌舞伎】より

…長唄,常磐津節,清元節,富本節,竹本などによる作品がある。また,長唄地の女方舞踊として独立したもの(《娘道成寺》《石橋》など),一日の長い狂言の中から舞踊場面を独立させたもの(《道行旅路の嫁入》や《道行初音旅》の類)や,顔見世狂言に挿入されて初演された劇舞踊を独立させたもの(《関の扉》《戻駕》《吉原雀》《蜘蛛拍子舞》など),変化舞踊(変化物)として創作されたものの一曲を独立させた作(《鷺娘》《藤娘》《手習子》《羽根の禿》《保名》《小原女》《文屋》《喜撰》など),能や狂言から材を採ったもの(《石橋》《紅葉狩》《土蜘(つちぐも)》《棒しばり》《身替座禅》の類)のように分類することもできる。 右の分類に入りきらない作品として,近代以後に作り出された〈活歴物〉〈散切物〉および〈新歌舞伎〉などの様式による作品群がある。…

※「顔見世狂言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

顔見世狂言の関連キーワード二の替わり・二の替り西川扇蔵(2世)桜田治助(初代)顔見世の二番目蜘蛛の拍子舞芝居年中行事御摂勧進帳顔見世番付大商蛭子島金幣猿嶋郡喜多松冠柳積恋雪関扉壕越二三治金幣猿島郡仲蔵狂乱鞍馬獅子一番太鼓世界定め顔合わせ間の狂言

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android