喜娘(読み)きじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜娘 きじょう

?-? 奈良時代の女性。
藤原清河(きよかわ)の娘。755年ごろ再入唐(にっとう)した父と唐(中国)の女性との間に生まれる。父の客死後の宝亀(ほうき)9年(778)帰国する遣唐船に便乗。途中,暴風にあい,副使小野石根(いわね)・唐使らは波に没し,判官(じょう)大伴継人(おおともの-つぐひと)ら40人とともに,真っ二つになった船の舳(へさき)にのり,6日間漂流し,肥後天草(あまくさ)郡西仲島(にしなかしま)(鹿児島県長島)についた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android