コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴継人 おおともの つぐひと

2件 の用語解説(大伴継人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴継人 おおともの-つぐひと

?-785 奈良時代の遣唐使(けんとうし)。
大伴古麻呂(こまろ)の子。宝亀(ほうき)8年遣唐使判官として唐(中国)にわたり,翌年帰国の途中乗船が難破したが肥後(熊本県)天草に漂着。能登守(のとのかみ),美濃固関使(みののこげんし),左少弁などを歴任。長岡京藤原種継(たねつぐ)を暗殺した首謀者として延暦(えんりゃく)4年9月24日処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大伴継人

没年:延暦4.9.24(785.10.31)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。左大弁古麻呂の子。宝亀8(777)年6月,遣唐判官(第3等官)として入唐し,翌9年11月に帰国したが,帰路風波によって船が分断,8日間舳に乗り肥後国天草郡(熊本県)に漂着したという体験を持つ。能登守,伯耆守などを経て延暦2(783)年に左少弁。同4年9月,長岡京造営の最高責任者藤原種継の射殺に加わって捕らえられ,即刻処刑された。父も橘奈良麻呂の変(757)の首謀者として拷問を受けて獄死するなど,数多くの辛酸をなめている。応天門事件を起こした伴善男は孫に当たる。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大伴継人の関連キーワード伊吉宅麻呂上古麻呂吉田古麻呂紀古麻呂日下部子麻呂巨勢古麻呂昆解沙弥麻呂多治比鷹主藤原小湯麻呂藤原執棹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone