嗚呼つがもない(読み)ああつがもない

精選版 日本国語大辞典の解説

ああ【嗚呼】 つがもない

江戸時代の流行語。ああ馬鹿らしい、くだらないの意。代々の市川団十郎が、荒事の中で見得をきるときの決まり文句から流行。
※歌舞伎・助六廓夜桜(1779)「引っこ抜いてから竹割りに打放すが男達の極意。誰れだと思ふやい、アアつがもねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android