コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉長 かちょう

2件 の用語解説(嘉長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉長 かちょう

?-? 織豊-江戸時代前期の鋳物師。
豊臣秀吉にまねかれて京都にすみ,建築の飾り金具類を制作した。桂離宮の手機杼形(てばたひがた)引手金具などの作者とつたえられる。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

嘉長

生年:生没年不詳
桃山時代の金具師。伊予国(愛媛県)松山生まれ。豊臣秀吉に招かれて京都堀川油小路に住んだという。姓は不詳。秀吉によって建立される建築の金具の制作に当たった。作品としては桂離宮に意匠を凝らした釘隠,引手などが現存している。なかでも松琴亭二の間戸袋の「栄螺文七宝引手」は,日本近世における七宝技法の初期の作例として名高い。ただし同時代に活躍したことが知られる七宝細工師平田道仁と嘉長とを同一人物視する説もあるが,史料の上からは,この点を明らかにはしがたい。<参考文献>横井時冬『工芸鏡』,鈴木規夫・榊原悟『日本の七宝』

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉長の関連キーワード渡部明綱伊予絣松山桃山時代愛媛大学伊予愛媛伊予蝋井上要河野通春

嘉長の関連情報