コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂離宮 かつらりきゅう

7件 の用語解説(桂離宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂離宮
かつらりきゅう

京都市西京区に所在するもと桂宮 (八条宮) 家の別荘。初代智仁親王 (1579~1629) が元和6 (1620) ~寛永1 (24) 年頃に創設。明治初年桂宮家の廃絶によって離宮となった。当初は現在古書院と呼ばれる建物1棟に庭を配したものであったらしいが,智仁の子智忠の代に2度にわたって増築され,中書院,楽器の間,新御殿が加わって美しい雁行をみせる現在の姿となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつら‐りきゅう【桂離宮】

京都市西京区にある八条宮家(桂宮家)の別荘。江戸初期に八条宮智仁(としひと)親王が創建。親王の没後一時荒廃したが、その後幕府の援助で数次にわたり増築。回遊式庭園数寄屋風書院は有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

桂離宮【かつらりきゅう】

京都市西京区桂御園(かつらみその)にある離宮。もと八条宮(桂宮)家の別荘。現在は宮内庁所管。智仁(としひと)親王によって1620年ごろから造営が始まり,1624年ごろ古書院,中書院,松琴(しょうきん)亭などが完成。
→関連項目回遊式庭園桂垣寛永文化京都[市]釘隠修学院離宮数寄屋造西京[区]堀口捨己離宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かつらりきゅう【桂離宮】

江戸時代初期に八条(桂)宮智仁(としひと)親王,智忠(としただ)親王父子が,所領であった現在の京都市西京区桂御園の地に造営した別荘建築。古書院,中書院,新御殿の3棟の数寄屋(すきや)造の書院,《源氏物語》になぞらえた回遊式の庭園,月波楼,松琴亭,笑意軒などの茶室がほぼ完成されたときの形のまま残る。日本近世の建築文化を代表する作品の一つであり,ドイツの建築家ブルーノ・タウトが簡素で機能的な建築美を絶賛したこともあって,世界的に有名になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かつらりきゅう【桂離宮】

京都市西京区桂御園にある旧桂宮家(もと八条宮家)の別荘。元和年間(1615~1624)八条宮家初代智仁としひと親王により創建、二代智忠としただ親王・三代穏仁やすひと親王により増築改修されて現在の姿が完成した。雁行して建つ書院群と茶屋、これに調和する回遊式庭園は著名。1883年(明治16)から離宮とされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かつらりきゅう【桂離宮】

京都市西京区にある、江戸時代初期に建てられた八条宮(桂宮(かつらのみや))家の別荘(離宮)。八条宮智仁(としひと)親王が1615(元和1)年ごろから造営に着手、子の智忠(としただ)親王の代の1650(慶安3)年ごろにほぼ完成した。約5.6haの敷地に十数棟の書院や茶屋が点在。均整のとれた意匠で完成された数寄屋造りの建築物として国内外に知られる。庭園は江戸時代初期の回遊式庭園の代表作。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂離宮
かつらりきゅう

京都市西京区桂御園(かつらみその)にあり、日本的な建築と庭園の独自の美しさで知られる。現在は宮内庁の所管。[工藤圭章]

沿革

京都の南西部、桂川の西岸にあり、かつては下桂(しもかつら)村とよばれていたこの付近一帯は、平安時代以来公家(くげ)の逍遙(しょうよう)の地であり、藤原道長の別業、桂山庄(さんしょう)も営まれていた。この地はその後長く近衛(このえ)家に伝領されたが、1615年(元和1)ごろから八条宮(はちじょうのみや)家の所領に改められている。八条宮家の創設者の智仁(としひと)親王(1579―1629)は風流を好み、平安貴族の桂での雅趣豊かな故事を回想し、ここに別業として「瓜(うり)畑のかろき茶屋」を建てられている。これが桂離宮の始まりで、この茶屋は現在の古書院(こしょいん)にかつての姿をとどめている。1641年(寛永18)ごろに宮家を継いだ智忠(としただ)親王(1619―1662)は古書院の一部を改築して中書院(ちゅうしょいん)を増築し、さらに1663年(寛文3)の後水尾(ごみずのお)上皇の桂御幸(ごこう)のために、楽器の間や新御殿を増築している。現状の古書院、中書院、楽器の間、新御殿と雁行(がんこう)する書院群はこのとき以来のもので、裏側の旧役所は中書院造営時に、また臣下控所は新御殿造営時に建設されている。ただし、現在の臣下控所は明治に旧規に倣って新造されたもの。八条宮家は嗣子(しし)に恵まれず、時の上皇あるいは天皇の皇子が宮家を継がれ、宮号も常磐井宮(ときわいのみや)、京極宮(きょうごくのみや)、桂宮と変えられている。しかし、桂宮も1881年(明治14)淑子(すみこ)内親王が亡くなられてから断絶し、本邸の今出川第(いまでがわてい)は二条城本丸に移築され、桂別業も1883年宮内省(現、宮内庁)に移管されて桂離宮と名づけられた。桂離宮は明治20年代から30年代にかけて全面的に修理されたが、1955年(昭和30)以降の桂川の改修に関連して地盤が緩み、書院群もふたたび修理が必要となったので、1976年4月から1982年3月までいわゆる昭和の大修理が行われ、昔日の姿に復されている。[工藤圭章]

庭園とお茶屋

桂離宮の敷地は約7万平方メートル。周囲は竹藪(たけやぶ)や雑木林で囲まれている。中央の庭には大小三つの中島のある池があり、汀(みぎわ)はそれぞれ入り組んで趣(おもむき)を変え、池の西には古書院をはじめとする書院群が雁行(がんこう)して配置されている。池の周辺には回遊路が巡らされ、茶屋が所々に建てられている。北の御幸門(みゆきもん)から書院群に至る御幸道をたどり、途中左折すると回遊路に入る。紅葉(もみじ)山、蘇鉄(そてつ)山を過ぎると御腰掛(おこしかけ)があり、この前面の石の延段(のべだん)は行(ぎょう)の飛石(とびいし)の異名がある。ついで鼓(つづみ)の滝を過ぎると、岬灯籠(みさきとうろう)のある洲浜(すはま)と天橋立(あまのはしだて)が見え、そのかなたに白川石の石橋と松琴亭(しょうきんてい)を望む。松琴亭にはくど構(かまえ)が土庇(どひさし)にあり、市松模様の襖(ふすま)や石炉(せきろ)がよく知られている。松琴亭の東の山の木立の中には、卍亭(まんじてい)とよばれる四ツ腰掛がある。
 松琴亭から蛍谷(ほたるだに)を経ると峠道になり、あたかも深山に遊ぶ感がある。頂上には峠の茶屋の賞花亭(しょうかてい)が建ち、掛けるのれんにちなんで竜田(たつた)屋の別称がある。峠を下れば八条宮家代々の位牌(いはい)を祀(まつ)る本瓦葺(ほんかわらぶ)きの園林堂(おんりんどう)がある。火灯窓(かとうまど)をつけ、いかにも仏堂らしい外観をみせる。園林堂の正面からは一路梅の馬場へと至るが、その途中を左折すると笑意軒(しょういけん)があり、この建物では円形の下地窓、ビロードの腰貼(こしば)りが雅趣を誘う。梅の馬場から新御殿前に開ける広場は蹴鞠(けまり)が行われたという。飛石は古書院と楽器の間の両者へと並べられ、広場の砌(みきり)をも兼ねる。古書院北方の丘には月波楼(げっぱろう)が建つが、ここでは開放的な室内や綟(もじ)り織(からみ織)の布を張った中抜きの障子などが印象に残る。月波楼の丘を降りると、古書院の御輿寄(おこしよせ)前の中門に至る。中門から御輿寄へと続く石敷は真(しん)の飛石の名で有名である。
 桂離宮の庭園は回遊路の随所に石灯籠や手水鉢(ちょうずばち)が置かれていて目を楽しませる。池や築山(つきやま)などの配置は、巡り歩くにしたがってさまざまな風景が眺められることを考慮したもので、智仁親王の作庭の巧みさを示している。[工藤圭章]

書院

書院群は数寄屋(すきや)風の手法が用いられている。古書院は6室からなり、北に縁座敷(えんざしき)と御輿寄がつく。古書院一の間、二の間の東は榑板(くれいた)敷の広縁(ひろえん)で、その前に竹を敷き詰めた月見(つきみ)台が設けられている。池に面した東面の入母屋(いりもや)の妻の懸魚(げぎょ)には金箔(きんぱく)の押された六葉(ろくよう)がつき、華やかさをみせる。古書院は土壇上に建ち、縁の腰下は土壇を隠すように白壁がつけられるが、中書院や新御殿は縁下を高床(たかゆか)らしく吹き放し、軽快さを表している。
 中書院は田の字形の4室からなり、一の間、二の間、三の間は鍵(かぎ)座敷風に並び、襖絵(ふすまえ)は探幽(たんゆう)、尚信(なおのぶ)、安信(やすのぶ)の狩野(かのう)三兄弟がそれぞれ担当したという。瓜畑のかろき茶屋として古書院が建てられていたときは、古書院は客室でもあり、また居室でもあった。しかし、中書院が増築されてからは、ここが御座間(ござのま)、すなわち親王の居室となり、古書院は接客の場にあてられたようである。中書院二の間には蚊帳(かや)の吊手(つりて)が柱にあって、寝室として利用されたことがわかる。
 新御殿は御殿の名が残るように、上皇の御幸御殿であった。新御殿では一の間の上段や桂棚(かつらだな)の意匠がすばらしい。また御寝間(ぎょしんのま)の御剣棚(ぎょけんだな)、御化粧間(おけしょうのま)の裏桂棚(うらかつらだな)など、粋を凝らしていて、優れた空間構成をみせる。付属の御手水間(おちょうずのま)、御厠(おかわや)、御湯殿(おゆどの)など生活に密接する部分の保存もよい。古書院、中書院、新御殿の各書院は、それぞれ襖が大桐(おおぎり)紋の唐紙(からかみ)、墨絵、小桐紋の唐紙と趣向を変え、欄間(らんま)も筬(おさ)欄間、木瓜形(もっこうがた)欄間、月字崩(つきのじくず)し欄間と違えている。長押(なげし)が用いられるのは新御殿だけであり、それぞれ独特のたたずまいを示している。
 また桂離宮では、面皮(めんかわ)柱などの心持(しんもち)材はひび割れを防ぐための背割(せわり)がすでに行われており、見えがかりの柱や鴨居(かもい)などは、黒褐色の色付けが組立て前に施されているなど、建築技法でも注目すべき点が多く認められている。[工藤圭章]
『森蘊著『改訂 桂離宮』(1956・創元社) ▽和辻哲郎著『桂離宮』(1958・中央公論社) ▽川上貢・中村昌生著『原色日本の美術15 桂離宮と茶室』(1967・小学館) ▽斎藤英俊著『名宝日本の美術21 桂離宮』(1982・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桂離宮の言及

【違棚】より

…棚板はケヤキ材が普通で,ときには種類の違った銘木からつくり,その材質の変化と組合せに技巧を凝らしたものがある。桂離宮の桂棚はその好例である。【川上 貢】。…

【庭園】より

…ここに寝殿造風な庭園の伝統や書院庭の石組みの流れと触れあう面があった。この合流点に立った人物は小堀遠州であり,庭園としては桂離宮の庭園(図5)が現存する。 織部や遠州の茶は,利休の茶にくらべると作意が強いといわれる。…

※「桂離宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桂離宮の関連キーワード八条宮智忠親王八条宮智仁親王大宇陀長仁親王篠原正清土井利久智忠親王便々居寿彦前田利久八条宮智忠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桂離宮の関連情報