嘗よう(読み)なめるよう

精選版 日本国語大辞典「嘗よう」の解説

なめる【嘗】 よう

でなめ取るように、くまなく行き渡る形容に用いる。
※葛飾砂子(1900)〈泉鏡花〉六「水は船底を嘗めるやうにさらさらと引いて石垣へだぶり」
② 舌でやさしくなめるように、子どもをかわいがる形容に用いる。
※ある女(1973)〈中村光夫〉八「やっとつかまり立ちするやうになった男の子伯母はなめるやうに可愛がって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android