コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴気孔ガス組成の法則 law of fumarolic gas composition

1件 の用語解説(噴気孔ガス組成の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

噴気孔ガス組成の法則【law of fumarolic gas composition】

サント=クレール=ドヴィーユの法則*ともいう.

(1) 活火山においては,一定時点における噴気孔の性質は,噴火の中心からの隔たりによって変化する.

(2) 活火山の一定地点における火山放出物の性質は,噴火開始からの時間とともに変化する.

「ドビールの法則」あるいは「ドービルの法則」と記してある辞典類も多いが,彼の姓はSt. Claire Devilleのはずだからこれは短縮しすぎであろう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴気孔ガス組成の法則の関連キーワードポアゼイユの法則ヴィダールの法則ヴィーデマンの法則サント=クレール=ドヴィーユの法則ドヴィーユの法則輻射の法則(四法則)ブラッグ‐クレーマンの法則ブラッグの法則(粒子阻止能)ヘヴィサイドの法則変位法則(地球科学)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone