コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴霧製鋼 ふんむせいこう

百科事典マイペディアの解説

噴霧製鋼【ふんむせいこう】

溶銑を特殊な炉の上部から酸素とともに噴霧状態で滴下させる間に精錬する製鋼法。英国鉄鋼研究協会(BISRA)が開発。溶銑が細かい粒滴になるので反応面積が広く,脱炭,脱ケイ素などがすみやかに進む,成分や温度の制御が容易,転炉法などと異なり連続操業が可能となるなどの特徴をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android