コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴霧製鋼 ふんむせいこう

1件 の用語解説(噴霧製鋼の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

噴霧製鋼【ふんむせいこう】

溶銑を特殊な炉の上部から酸素とともに噴霧状態で滴下させる間に精錬する製鋼法。英国鉄鋼研究協会(BISRA)が開発。溶銑が細かい粒滴になるので反応面積が広く,脱炭,脱ケイ素などがすみやかに進む,成分や温度の制御が容易,転炉法などと異なり連続操業が可能となるなどの特徴をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

噴霧製鋼の関連キーワードキュポラ転炉噴霧乾燥溶銑炉酸素富化膜押付の板鬼斗過酸化脱酸素剤溶銑

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone