コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴霧製鋼 ふんむせいこう

百科事典マイペディアの解説

噴霧製鋼【ふんむせいこう】

溶銑を特殊な炉の上部から酸素とともに噴霧状態で滴下させる間に精錬する製鋼法。英国鉄鋼研究協会(BISRA)が開発。溶銑が細かい粒滴になるので反応面積が広く,脱炭,脱ケイ素などがすみやかに進む,成分や温度の制御が容易,転炉法などと異なり連続操業が可能となるなどの特徴をもつ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android