四弁/四辯(読み)シベン

大辞林 第三版の解説

しべん【四弁】

〘仏〙「四無礙弁しむげべん」の略。仏が自由自在に教えを理解し語る完全な能力。言語を理解する法無礙弁、教義内容を理解する義無礙弁、方言に精通する詞無礙弁、人々の求めによって喜んで巧みに教えを説く弁無礙弁(楽説無礙弁)のこと。四無礙解しむげげ。四無礙智。四無。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android