コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四詩 シシ

デジタル大辞泉の解説

し‐し【四詩】

詩経の、国風・小雅・大雅・頌(しょう)の4種類の詩。
前漢代に伝えられていた4種類の詩経。斉(せい)の轅固生(えんこせい)の伝えた斉詩、(ろ)の申培の伝えた魯詩、燕の韓嬰(かんえい)の伝えた韓詩、魯の毛享(もうこう)の伝えた毛詩。毛詩のみ完全な形で現存。四家詩。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しし【四詩】

詩経の四種の詩体。国風・大雅・小雅・頌しようの総称。
前漢に行われた四種の詩経。すなわち魯の申培の伝えた魯詩、斉の轅固生えんこせいの伝えた斉詩、燕の韓嬰の伝えた韓詩、魯の毛亨もうこうの伝えた毛詩の四種。毛詩だけが現存している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四詩の関連キーワードフォーファノフルバイヤート蒲原有明守村抱儀石垣りん大窪詩仏伊東静雄闇の盃盤柳宗元有明集神韻派司空図小雅詩品詩話

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四詩の関連情報