大雅(読み)たいが

精選版 日本国語大辞典「大雅」の解説

たい‐が【大雅】

[1] 〘名〙 (「だいが」とも) 非常にけだかいこと。また、きわめて正しいこと。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「有道を面目と云は大雅の君子ぞ」 〔漢書‐景十三王伝賛〕
[2]
[一] 「詩経」の大別の一つ。小雅とともに、「詩経」の詩の三大別である風・雅・頌の雅を構成する。周王朝の儀式、祭祀、宴会などにうたわれた歌を収める。その一部は西周、多くは東周の作と推定され、周の歴史をうたう叙事詩も含む。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「大雅」の解説

【大雅】たいが

詩経の詩。小雅に対していう。・李白〔古風、五十九首、一〕詩 大、久しく作(おこ)らず へなば、(つひ)に誰(たれ)か陳(の)べん

字通「大」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android