コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申培 しんばい Shen Pei

2件 の用語解説(申培の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申培
しんばい
Shen Pei

[生]? 魯
[没]中元5(前145)頃
中国,漢代初期の学者。申公,申培公ともいう。魯の文帝のとき,楚王の太子劉戊の教育係となったが,辞して帰り,いわゆる「魯詩」 (魯学派の『詩経』の解釈) を興した。のちに武帝のとき召出されたがまもなく死亡。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんばい【申培 Shēn Péi】

中国,前漢の儒者。生没年不明。魯の人。申公ともいう。荀子の門人から《詩経》を学ぶ。はじめ楚王劉郢(りゆうえい)の太子劉戊(りゆうぼ)の傅(ふ)(教育係)となったが,学問を好まぬ劉戊は彼に凌辱を加えたために郷里へ帰り,門を閉ざして弟子の育成に専念した。前141年に武帝が即位して明堂(めいどう)建立の議がおこると,弟子の王臧,趙綰(ちようわん)らの推薦で召聘され太中大夫に任ぜられたが,儒教を好まぬ竇(とう)太后によって建立が廃止せられたため,免職されて帰郷し,数年にして没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

申培の関連キーワード孔安国匡衡宰予叔孫通鄒魯の学戴聖戴徳張萱衛綰桓寛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone