コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申培 しんばいShen Pei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申培
しんばい
Shen Pei

[生]? 魯
[没]中元5(前145)頃
中国,漢代初期の学者。申公,申培公ともいう。魯の文帝のとき,楚王の太子劉戊の教育係となったが,辞して帰り,いわゆる「魯詩」 (魯学派の『詩経』の解釈) を興した。のちに武帝のとき召出されたがまもなく死亡。その学説はほとんど伝わっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんばい【申培 Shēn Péi】

中国,前漢の儒者生没年不明。魯の人。申公ともいう。荀子門人から《詩経》を学ぶ。はじめ楚王劉郢(りゆうえい)の太子劉戊(りゆうぼ)の傅(ふ)(教育係)となったが,学問を好まぬ劉戊は彼に凌辱を加えたために郷里へ帰り,門を閉ざして弟子の育成に専念した。前141年に武帝が即位して明堂(めいどう)建立の議がおこると,弟子の王臧,趙綰(ちようわん)らの推薦で召聘され太中大夫に任ぜられたが,儒教を好まぬ竇(とう)太后によって建立が廃止せられたため,免職されて帰郷し,数年にして没した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android