コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回収硫安 かいしゅうりゅうあん

1件 の用語解説(回収硫安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回収硫安
かいしゅうりゅうあん

アンモニアと硫酸のどちらかを各種工業で使用したのち,これを回収して製造する硫安。一般に,ナイロンの原料であるカプロラクタムを製造する際の廃液やベンベルグ人絹を製造する際の廃ガスから得られるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の回収硫安の言及

【硫酸アンモニウム】より

…しかし硫酸根を含むため土壌の酸性化をもたらす欠点があり,また硫酸資源の適正利用という観点からも,尿素に比べて傍流的存在となっている。製法自体も他工業プロセス中に組み込まれ,その中での副生物,回収物として採取され,副生硫安,回収硫安と称して利用されているのが現況である。肥料公定規格ではアンモニア性窒素20.5%を保証する。…

※「回収硫安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone