コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回収硫安 かいしゅうりゅうあん

1件 の用語解説(回収硫安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回収硫安
かいしゅうりゅうあん

アンモニアと硫酸のどちらかを各種工業で使用したのち,これを回収して製造する硫安。一般に,ナイロンの原料であるカプロラクタムを製造する際の廃液やベンベルグ人絹を製造する際の廃ガスから得られるものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の回収硫安の言及

【硫酸アンモニウム】より

…しかし硫酸根を含むため土壌の酸性化をもたらす欠点があり,また硫酸資源の適正利用という観点からも,尿素に比べて傍流的存在となっている。製法自体も他工業プロセス中に組み込まれ,その中での副生物,回収物として採取され,副生硫安,回収硫安と称して利用されているのが現況である。肥料公定規格ではアンモニア性窒素20.5%を保証する。…

※「回収硫安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

回収硫安の関連キーワード炭酸アンモニウム硫酸アンモニウム亜硝酸アンモニウムアンモニア化成作用アンモニア合成法単性燐酸アンモニウムアンモニア窒素過硫酸アンモニウムケラト硫酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone