コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転競技 カイテンキョウギ

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐きょうぎ〔クワイテンキヤウギ〕【回転競技】

スキー競技のアルペン種目の一。標高差200メートル前後、長さ500メートル前後の急斜面につくられた50~80の旗門を通過しながら滑り降り、その所要時間を競う。スラローム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

回転競技【かいてんきょうぎ】

スラローム

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいてんきょうぎ【回転競技】

スキーのアルペン競技の一。旗門によって定められた急斜面のコースをターンの連続で滑り降り、そのタイムを競う。スラローム。 → 大回転競技スーパー大回転

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回転競技
かいてんきょうぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の回転競技の言及

【スキー】より

…傷害予防用のクラッシュ・ヘルメットを着用する。(2)回転競技slalom 男子が標高差180~220m,女子は130~180mで20~27度くらいの変化に富んだ斜面に,55~75(女子は45~60)の旗門gateを配列し,流れるようなターンが安全かつ迅速に行えるように構成する。雪面の条件を一定に保つため,コースをアイスバーン状に固める。…

※「回転競技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

回転競技の関連キーワードカルガリーオリンピック(1988年)オスロオリンピック(1952年)ジャイアントスラロームデュアルタイムレースウィンドサーフィンスーパー大回転アルペン競技大回転競技猪谷千春滑降競技大回転トンバGS回転

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回転競技の関連情報