コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転量子数 かいてんりょうしすうrotational quantum number

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転量子数
かいてんりょうしすう
rotational quantum number

量子論によれば,回転系の角運動量の大きさ,またはある方向の角運動量の成分は勝手な値をとることは許されず,量子数によって指定される。この回転系の状態を指定する量子数を回転量子数という。たとえば,回転運動の全角運動量の大きさの2乗は,h をプランク定数とすると (h2/4π2)J(J+1) で表わされる。 J は回転量子数の1つであり,0 または正の整数,あるいは半整数の値をとる。一般に,回転量子数は正または負の整数,あるいは半奇数の値をとる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

回転量子数の関連キーワード和の法則(回転エネルギー)フォルトラダイアグラムカシミールの関数分子スペクトルプランク定数オルト水素回転準位帯原点量子論H2

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android