コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因島大橋 いんのしまおおはし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

因島大橋
いんのしまおおはし

本州四国連絡橋(尾道(おのみち)―今治(いまばり)ルート)の一つで、向島(むかいしま)と因島を結ぶ。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の因島大橋の言及

【因島】より

…70年代の構造不況によって日立造船が閉鎖すると,市の経済基盤は大きく揺らぎ,深刻な雇用問題に見舞われることになった。83年因島大橋の完成によって因島市はいち早く本土(尾道市)と陸続きとなったが,市発展の確たる方向を見出しかねている。99年の本四連絡橋尾道今治ルート完成を目前にして,美しい海や島の景観を生かした観光・リゾートの都市創造をめざしている。…

※「因島大橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

因島大橋の関連情報