尾道(読み)オノミチ

デジタル大辞泉の解説

おのみち〔をのみち〕【尾道】

広島県南東部の市。瀬戸内海に面し、古くから商業港として発展。向島との間の尾道水道に尾道大橋が架かる。千光寺浄土寺など古寺が多く、志賀直哉林芙美子などの作品に描かれた。千光寺公園文学碑の立つ「文学の小道」がある。平成17年(2005)御調(みつぎ)町・向島町を、翌18年に因島市・瀬戸田町を編入。人口14.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのみち【尾道】

広島県南東部、瀬戸内海に臨む市。近世、西廻り航路の要港。商業が発達した市街は、戦災をまぬがれ古い面影を残す。向島むかいしまと尾道大橋で結ばれ、観光開発が進む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おのみち をのみち【尾道】

広島県南東部、瀬戸内海に面する地名。古くから良港として知られ、米の積出港、対明貿易の根拠地となり、商業都市として発達した。浄土寺、千光寺、西国寺がある。「万葉集」には「多麻宇良(たまのうら)」とうたわれている。明治三一年(一八九八)市制。玉の浦。尾路。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾道の関連情報