コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本州四国連絡橋 ほんしゅうしこくれんらくきょう

6件 の用語解説(本州四国連絡橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本州四国連絡橋
ほんしゅうしこくれんらくきょう

本州四国地方を結ぶ橋。神戸―鳴門間,児島―坂出間,尾道―今治間の 3ルートで,総延長約 180km,海峡部約 30km,海上にかかる橋は 20橋余。1959年,建設省日本国有鉄道日本鉄道建設公団日本道路公団が土木学会の協力を得て 各種調査を開始,海上作業の確実性,耐震設計の合理化,長大吊橋の耐風性と架設法,船舶航行対策と安全施設などが調査の対象となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんしゅうしこく‐れんらくきょう〔ホンシウシコクレンラクケウ〕【本州四国連絡橋】

瀬戸内海を横切って本州と四国とを結ぶ橋および道路の総称。日本高速道路保有・債務返済機構が保有し、本州四国連絡高速道路株式会社が管理運営する。東から順に神戸・鳴門間(神戸淡路鳴門自動車道)、児島・坂出間(瀬戸中央自動車道)、尾道・今治間(西瀬戸自動車道)の3ルートがある。このうち児島・坂出ルートは昭和63年(1988)瀬戸大橋が完成して全通。JR本四備讚線も通る。神戸・鳴門ルートは平成10年(1998)明石海峡大橋が完成して全面開通。尾道・今治ルートは平成11年(1999)に開通し、瀬戸内しまなみ海道ともよばれる。本四連絡橋本四架橋

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本州四国連絡橋【ほんしゅうしこくれんらくきょう】

本四連絡橋とも略称。瀬戸内海で隔てられている本州と四国を結ぶ橋で,1.神戸〜鳴門,2.児島〜坂出,3.尾道〜今治の3ルートからなる。2は道路・鉄道併用橋,1,3は道路橋のみ。
→関連項目生口島今治[市]大三島尾道[市]芸予諸島高松[駅]つり橋日本道路公団広島[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほんしゅうしこくれんらくきょう【本州四国連絡橋】

本四連絡橋とも略称される。瀬戸内海を横切って本州と四国を結ぶ橋で,次の三つのルートが建設された。(1)神戸~鳴門ルート(神戸淡路鳴門自動車道) 淡路島を経由して明石海峡鳴門海峡を橋で渡るもの。(2)児島~坂出ルート(瀬戸大橋) 倉敷市児島からいくつかの島伝いに坂出市に渡るもので,総延長は陸上部を含め約40kmともっとも短いが,ほとんどが橋となる。(3)尾道~今治ルート(西瀬戸自動車道) 尾道市から向島,因島,生口島大三島,伯方島,大島などを経由して今治市に至るもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんしゅうしこくれんらくきょう【本州四国連絡橋】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本州四国連絡橋
ほんしゅうしこくれんらくきょう

瀬戸内海で隔てられている本州と四国を道路と鉄道によって結ぶ新しい交通路。そのルートは、神戸(こうべ)―鳴門(なると)(道路単独橋)、児島(こじま)―坂出(さかいで)(道路・鉄道併用橋)、尾道(おのみち)―今治(いまばり)(道路単独橋)の3ルートである。それぞれにいろいろな形の橋が架けられ、なかには世界でも有数な規模の長大吊橋(つりばし)がある。それぞれの橋は工事中はもちろん完成後も、美しい瀬戸内海の景観を守り、また公害を出さぬように、十分な配慮のうえで建設された。
 本州四国連絡橋の完成による中国、四国の経済等の効果は計り知れないものがある。そのおもなものを要約すると、まず、本州と四国間の交通、輸送が常時円滑に行われる、所要時間がおよそ3分の1に短縮される、輸送経費が低減される、など関連の地域における生活利便の増大と経済水準を向上させたことはいうまでもなく、輸送需要の増大に伴う瀬戸内海の海上交通の拡大に対し、心配される交錯航行が減少され、海難事故の防止に役だっている。また、瀬戸内海観光ゾーンの一大中心地となるなどの効果もある。
 本州四国連絡橋の構想は、1889年(明治22)に、香川県の県会議員が、鳴門海峡に橋を架ける提案をしたのが最初であるといわれており、その後1914年(大正3)に、国会の予算委員会に「鳴門架橋に関する建議案」が出されたが、当時の日本にとっては幻想に等しい案として一顧だにされなかったのである。以来、いくたびか同種の提案がなされてきたが、経済的、技術的な困難性が強いということで実現されなかった。
 1955年(昭和30)5月11日、宇高(うこう)連絡船「紫雲丸」が、高松沖で貨物船と衝突、修学旅行の学童を中心とした168名の尊い生命が奪われる惨事が発生したが、このことが、日本国内に海上交通事故の防止対策の必要性を強く印象づけることとなり、さらに架橋実現への大きな契機となった。このころから建設省(現国土交通省)をはじめ国鉄(現JR)が本格的な架橋実現のための調査を開始し、ついに技術的なめどを得て、1970年7月1日、実施機関として本州四国連絡橋公団が設置され、困難な海中・海上での工事技術等の研究開発を始め、工事着工に向けて準備が進められてきた。1973年11月、3ルートの同時着工式を目前にして、世界的なオイルショックによるわが国の総需要抑制策により、このプロジェクトは一時凍結された。
 その後、政府および関係省庁の協議により、1ルート(児島―坂出)、4橋(大鳴門橋、因島(いんのしま)大橋、伯方(はかた)・大島大橋、大三島(おおみしま)橋)をはじめ、他の橋梁(きょうりょう)についても次々と凍結が解除され、建設されてきた。すなわち、1975年12月に最初の架橋として大三島橋に着工し(1979年5月完成)、その後76年7月大鳴門橋(1985年6月完成)、77年1月因島大橋(1983年12月完成)、78年10月児島―坂出ルート(1988年4月完成)、81年3月伯方・大島大橋(1988年1月完成)、86年5月生口(いくち)橋(1991年2月完成)、88年5月明石海峡大橋(あかしかいきょうおおはし)(1998年4月完成)、88年5月来島(くるしま)第一大橋、来島第二大橋、来島第三大橋(1999年5月完成)、90年8月多々羅(たたら)大橋(1999年5月完成)、93年5月新尾道大橋(1999年5月完成)と次々と着工、竣工(しゅんこう)し、1999年春にはすべて完成した。[長瀬浩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本州四国連絡橋の関連キーワード紀伊水道児島半島瀬戸内海中国地方しまなみ海道瀬戸内法土讚線宇野港わたる岡山県玉野市宇野

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本州四国連絡橋の関連情報