コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

因幡氏 いなばうじ

1件 の用語解説(因幡氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いなばうじ【因幡氏】

古代因幡国の豪族。大化前代,因幡国法美郡稲羽郷を中心に高草郡,八上郡等にも一族を配して,広く因幡国中に勢力を張ったと推定される因幡国造の後裔。高草郡の浄成女とその一族が771年(宝亀2)に〈因幡〉の姓を賜って因幡氏が成立し,あわせて令制国造の地位を得た。同氏は鳥取県福井の天穂日命(あめのほひのみこと)神をまつり,平安中期にはともに正三位の神階を授けられた後の因幡国一宮宇倍(うべ)神社をまつる新興豪族伊福部(いほきべ)氏と激しく勢力を競った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone