寛弘(読み)かんこう

日本の元号がわかる事典「寛弘」の解説

かんこう【寛弘】

日本の元号年号)。平安時の1004年から1012年まで、一条(いちじょう)天皇、三条(さんじょう)天皇の代の元号。前元号は長保(ちょうほう)。次元号は長和(ちょうわ)。1004年(長保6年)7月20日改元。天変地妖の凶兆を避けるために行われた。『礼記(らいき)』を出典とする命名。寛弘年間初めに花山(かざん)法皇を中心に編纂された『拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)』が成立した。この頃が王朝宮廷文学の最盛期で、一条天皇の宮廷では紫式部・和泉式部らが活躍した。1011年(寛弘8)、一条天皇は三条天皇に譲位した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉「寛弘」の解説

かんこう【寛弘】[年号]

平安中期、一条天皇三条天皇の時の年号。1004年7月20日~1012年12月25日。

かん‐こう〔クワン‐〕【寛×弘】

[名・形動]広いこと。特に、心や度量が広いこと。また、そのさま。寛大。
「―にして偏曲ならざる人」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「寛弘」の解説

かん‐こう クヮン‥【寛弘】

[1] 〘名〙 (形動) ひろいこと。特に心や度量がひろいこと。また、そのさま。寛広。寛宏。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「寛弘の心広大の量あるものあり」 〔漢書‐元帝紀賛〕
[2] 平安中期、一条、三条両天皇の代の年号。天変地災により長保六年(一〇〇四)七月二〇日改元。寛弘八年六月以降三条天皇。寛弘九年一二月二五日長和と改元。出典は「漢書‐元帝紀賛」の「寛弘尽下、出於恭倹、号令温雅、有古之風烈」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android