固体比熱の法則(英語表記)law of specific heat of solids

法則の辞典の解説

固体比熱の法則【law of specific heat of solids】

室温付近の固体の元素単体においては,古くから知られているデュロン‐プティの法則*,固体化合物においては,ノイマン‐コップの法則*がおおむね成立するが,低温においてはこれらの式はずれが大きくなるので使えない.低温における比熱の式は量子論的に導き出されたアインシュタインの比熱式*デバイの比熱式*がある.それぞれの項を参照されたい.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android