コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定小数点数 コテイショウスウテンスウ

2件 の用語解説(固定小数点数の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こていしょうすうてん‐すう〔コテイセウスウテン‐〕【固定小数点数】

小数点の位置を固定して表現された数。コンピューターにおいては、あたかも整数値のように扱うことで処理が容易で高速になるが、絶対値が大きく異なる数同士の計算には向かない。→浮動小数点数

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

こていしょうすうてんすう【固定小数点数】

コンピューターで数値を扱う際の表現方式のひとつ。小数点の位置が固定され、整数部と小数部の桁数があらかじめ決められている。浮動小数点数に比べて扱える数値の範囲が狭いが、演算速度は速い。◇「固定小数点形式」などともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固定小数点数の関連キーワードデジタルコンピューター浮動小数点演算ウエアラブルコンピューターコンピューター組版ハイブリッドコンピューターミニコンピューターコンピューターモニタリング浮動小数点数ボードコンピューター無停止コンピューター