固定小数点演算(読み)こていしょうすうてんえんざん

デジタル大辞泉の解説

こていしょうすうてん‐えんざん〔コテイセウスウテン‐〕【固定小数点演算】

小数点の位置が固定された固定小数点数を用いて行う四則演算コンピューターにおいては、扱う数の絶対値の範囲が限られている計算に用いられ、あたかも整数値のように扱うことで処理が容易になり、高速で計算できる。→浮動小数点演算
[補説]例えば「1500×0.06」という乗算の場合、いったん「1500×6=9000」と整数化して計算したのち、小数点以下の桁数(2桁)から小数点の位置(左に2桁ずれる)を決めて「90」を得る。コンピューターでの実際の演算処理は二進法で行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android