コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定資産回転率 こていしさんかいてんりつturnover of fixed assets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定資産回転率
こていしさんかいてんりつ
turnover of fixed assets

厳密には有形固定資産回転率という。企業の営業内容を分析診断するうえで用いられる指標の一つ。生産設備や営業設備の営業効率を調べるためのもので,売上高÷(有形固定資産-建設仮勘定) で算出される。建設仮勘定を控除するのは,それが設備の操業効率に関係ないからである。固定資産回転率の上昇は設備が有効に利用され操業率が向上したことを示し,その低下は利用状態の不振を示す。この回転率は業種によって大きな差があり,重化学工業のような資本設備を多く必要とする産業では一般に低く,商品販売業などの業種では高いという傾向がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

固定資産回転率の関連キーワード総資本回転率労働装備率

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android