コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国之狭土神 くにのさづちのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国之狭土神 くにのさづちのかみ

記・紀にみえる神。
古事記」によると山の神である大山津見神(大山祇神)(おおやまつみのかみ)と野の神である鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)(草野姫)との子。地上の土の神。山野の土の神である天之狭土神と対をなす。「日本書紀」の国狭槌尊(くにのさづちのみこと)とおなじ神といわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android