コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国之狭土神 くにのさづちのかみ

1件 の用語解説(国之狭土神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国之狭土神 くにのさづちのかみ

記・紀にみえる神。
古事記」によると山の神である大山津見神(大山祇神)(おおやまつみのかみ)と野の神である鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)(草野姫)との子。地上の土の神。山野の土の神である天之狭土神と対をなす。「日本書紀」の国狭槌尊(くにのさづちのみこと)とおなじ神といわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

国之狭土神の関連キーワード弟姫糸媛鬱色謎命大戸之道尊大苫辺尊面足尊惶根尊吉備兄彦皇子