コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国債引受団 こくさいひきうけだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国債引受団
こくさいひきうけだん

国債の募集引受けのため金融機関や証券会社が組織するシンジケート。国債シンジケートとか単にシ団などともいい,日本やドイツにみられる。日本では国との間で国債募集に関する引受契約を結び,国に代って発行条件の公示をはじめ,募集事務一切を行い,応募額が発行予定額に満たない場合には,残額全部についてシ団が引受責任を負う仕組みになっている。構成メンバーは国債の販売力と引受力とを兼ねそなえていることが必要で,現在では都市銀行と長期信用銀行全行,全国信用金庫連合会農林中央金庫,そして信託銀行,地方銀行,相互銀行,生命保険会社,証券会社のいくつかがそれぞれ代表という意味も含めて参加している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android