国分式土器(読み)こくぶしきどき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国分式土器
こくぶしきどき

南関東の平安時代を中心とする土器(土師器(はじき))型式。千葉県市川市国分寺に関連する8世紀の土器群であろうとの予想のもとに、杉原荘介(そうすけ)により命名された。これが9世紀以降の所産と考えられるようになったのは、1960年(昭和35)代以降である。坏(つき)の製作は轆轤(ろくろ)成形を特色とする。須恵器(すえき)の普及もあり、土師器の器種は減少し、煮沸器としての甕(かめ)、それに皿などを主に構成される。[岩崎卓也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android