コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家システム こっかしすてむ state system

1件 の用語解説(国家システムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

国家システム

近代の国家関係の基本的枠組み。(1)国家政府に優越する権威は国内・外に存在せず、(2)国家間関係は基本的にアナーキーであると想定し、(3)軍、警察など暴力装置を独占した諸国家が対峙(たいじ)し、(4)各国が経済的自立性(国民経済)を志向し、(5)各国が固有の文化を競い合うというのが特徴。このシステムの基礎は16〜17世紀の欧州で確立。しかし、その基本的特質は今日、変容を遂げつつある。主権国家システムはその枠組みが30年戦争終結時のウエストファリア条約(1648年)に初めて明文化されたことにちなみ、ウエストファリア体制(Westphalian system)とも呼ばれる

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国家システムの関連キーワード近代国家国家責任複合国家文化国家民族国家家産国家基本法司法国家枠組COSOキューブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国家システムの関連情報