明文化(読み)メイブンカ

デジタル大辞泉の解説

めいぶん‐か〔‐クワ〕【明文化】

[名](スル)はっきり文書で書き示すこと。「規定に明文化してある」「決定事項を明文化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいぶんか【明文化】

( 名 ) スル
ある内容を文章に明確に書き表すこと。 「了解事項を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めいぶん‐か ‥クヮ【明文化】

〘名〙 法律の条文に明示すること。また、明確に文書として書きあらわすこと。
※日本の橋(1936)〈保田与重郎〉「橋に対する設備は、民部省の司るものとして、官制上に明文化されてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明文化の関連情報