コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明文化 メイブンカ

デジタル大辞泉の解説

めいぶん‐か〔‐クワ〕【明文化】

[名](スル)はっきり文書で書き示すこと。「規定に明文化してある」「決定事項を明文化する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいぶんか【明文化】

( 名 ) スル
ある内容を文章に明確に書き表すこと。 「了解事項を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

明文化の関連キーワード当面の産業政策の要点に関する決定思想信条を理由にした裁判員の辞退日本の解雇の仕組みと有期雇用外交関係に関するウィーン条約民主党の陳情一元化の新ルールジェネラル・スタッドブックミッションステートメントウエストミンスター憲章参勤交替(参覲交代)思想および良心の自由ラウル・カストロ政権アテナイ第二海上同盟ロタール[1世]パーベル[1世]日本学生野球憲章NHKと受信料全柔連の改革案パブリシティ権改正労働基準法マグナカルタ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明文化の関連情報