コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家基幹技術 こっかきかんぎじゅつ

3件 の用語解説(国家基幹技術の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

国家基幹技術

第3期科学技術基本計画に盛り込まれた科学技術についての新しい概念。「国の持続的発展の基盤であって長期的な国家戦略を持って取り組むべき重要な技術」のこと。具体的には、次世代スーパーコンピューター、X線自由電子レーザー、海洋地球観測探査システム高速増殖炉宇宙開発の5つが選定された。なお、第2期基本計画重点的に資金投入された「ライフサイエンス」「情報通信」「環境」「ナノテク・材料」の重点4分野については、第3期でも引き続き優先的に資金を投入するとされた。また、新たに「エネルギー」「ものづくり技術」「社会基盤」「フロンティア」が「推進4分野」と位置づけられた。

(高橋真理子 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国家基幹技術

第一級の国家として持続的に発展し世界をリードしていくため、長期的な国家戦略を持って取り組むべき技術として、第3期科学技術基本計画(06〜10年度)で初めて位置づけられた。「宇宙輸送システム」「海洋地球観測探査システム」「高速増殖炉サイクル技術」「次世代スーパーコンピューター」「X線自由電子レーザー装置」の五つ。

(2007-10-05 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こっか‐きかんぎじゅつ〔コクカ‐〕【国家基幹技術】

国の総合的な安全保障の向上や世界最高水準の研究機能の実現を図るために、国が主導して推進する大規模プロジェクト。内閣府の重要政策会議のひとつである総合科学技術会議が選定し、第3期科学技術基本計画(平成18年~22年度)に盛り込まれた。次世代スーパーコンピューターX線自由電子レーザー海洋地球観測探査システム高速増殖炉宇宙開発の5分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国家基幹技術の関連キーワード科学技術基本法科学技術振興機構科学技術庁第3期科学技術基本計画におけるナノテクノロジー総合科学技術会議科学技術基本計画日本科学技術情報センターUNCSTD水産基本計画日本科学技術振興財団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone