国朝漢学師承記(読み)こくちょうかんがくししょうき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国朝漢学師承記
こくちょうかんがくししょうき

全8巻。清(しん)の江藩(こうはん)(1756―1831。字(あざな)は子屏(しへい)、号は鄭堂(ていどう)、江蘇(こうそ)省甘泉県〈揚州〉の人)の著。1818年(嘉慶23)、両広総督であった阮元(げんげん)の幕下にいて刊行、版を重ね『国朝経師経義目録』『国朝宋学淵源記(そうがくえんげんき)』を付す。それぞれの学者のために書かれた碑・誌・伝・状とその著述にみえる経説を組み合わせての列伝の体をとりつつ、まだ発展途上にあった清朝経学の生きた学術史を形成している。師承とは漢学で重んぜられた学問の伝承をいい、学問研究の方法として漢学を提唱し、宋学(そうがく)派の人の好む唐宋八家の文を排して、駢文(べんぶん)(伝統的な美文)をたたえる文学の主張をも込めているところから、桐城(とうじょう)派の方東樹(ほうとうじゅ)による『漢学商兌(しょうだ)』などの批判をよんだ。[近藤光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android