コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚州 ヨウシュウ

5件 の用語解説(揚州の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よう‐しゅう〔ヤウシウ〕【揚州】

古代中国の行政区画、の九州の一。現在の江蘇安徽(あんき)の両省と、江西浙江(せっこう)福建各省の一部にあたる。
中国江蘇省中西部の河港都市。揚子江に連絡する大運河沿いにあり、古くから水運の要地。鑑真ゆかりの大明寺がある。ヤンチョウ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

揚州【ようしゅう】

中国,江蘇省南西部の都市。旧名江都。大運河西岸にあり,隋代以後特に繁栄した。水陸の交通が便利で,付近に産する米,麦,ワタなどを集散する。以前は淮海塩の大きな取引で有名であった。
→関連項目長江

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようしゅう【揚州 Yáng zhōu】

中国江蘇省南西部,長江(揚子江)北岸より大運河を少し北上したところにある市。人口47万(1994)。歴史上の地名としては〈禹貢〉の九州にみえる揚州,漢代の揚州刺史のように,長江南部の広い範囲をいうこともあるが,隋の統一後,ここが江南の中心となり,治所が建康(南京)より移されて以来,この地を揚州と称するようになった。揚とは長江のような大河の波浪が揚がることからつけられたという。揚州付近には標高50m前後の台地があり,長江南岸に比べると遅れるが,新石器時代末期よりこの微高地を中心に居住がすすんだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようしゅう【揚州】

中国、江蘇省の河港都市。長江下流の大運河の沿岸にある。唐代には外国貿易港として、明・清代には塩の大集散地として繁栄。ヤンチョウ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

揚州
ようしゅう / ヤンチョウ

中国、江蘇(こうそ)省中南部、揚子江(ようすこう)と高郵(こうゆう)湖の間にある市。大運河と通揚(つうよう)運河の分岐点にあたる。1949年に江都県の市街区を分離して市が設置された。人口450万6231、市轄区人口53万5828(2000)。市区の北部には蜀岡(しょくこう)とよばれる比高10メートル前後の第三紀に形成された丘陵が続く。南部は揚子江の沖積平原で、泥砂が堆積(たいせき)し低湿である。解放前は農産物の集散地で、また漆器などの伝統工芸と食肉加工などが行われていた。解放後は各種の工業が発達し、1958年に新たに開通した大運河(京杭(けいこう)大運河)の両岸には化学肥料、機械、半導体などの工場が操業している。市の北部、旧大運河(古運河)の沿岸には火力発電所と製鉄所が立地し、南部の宝塔湾(ほうとうわん)地区は綿紡績、電動工具などの新興工業区である。伝統工芸品では漆器、玉器、造花、刺しゅう、切り紙細工が有名。市の西の痩西(そうせい)湖と北の平山堂一帯は風光明媚(めいび)な遊覧地区である。1973年に大明寺に鑑真(がんじん)和上記念堂が建設された。[林 和生]

歴史

春秋時代に呉が広陵邑(こうりょうゆう)を建て、楚(そ)がこれを継ぎ、秦(しん)、漢では広陵県、東晋(とうしん)以後は南(なんえん)州が置かれた。隋(ずい)代に揚州と改名、交通の要地として成長、離宮もあった。唐もこれを受け、東アジアやアラブとの海上交通が揚州を拠点とし、また北送する江南の米、塩などの集結地となって栄え、「揚一益二」つまり四川(しせん)の成都と並ぶ華中の大都会となった。日本に布教した律宗の僧鑑真は近くの大明寺に居住していた。唐末の兵乱で荒廃したが、節度使楊行密(ようこうみつ)が揚州を都に呉国を建てた。このころから揚州は江蘇沿海の淮南(わいなん)塩の集散地、また北送される江南の米、絹などの積換え地となり、北宋(ほくそう)では転般倉、南宋では総領所が置かれた。明(みん)・清(しん)では北辺の軍隊への補給に淮南塩からの利益が利用され、山西、新安の大商人が揚州に集まってふたたび繁栄し、学者、文人が集まって文化的サロンができた。『揚州画舫(がほう)録』にその繁栄ぶりが詳しく記録されている。[斯波義信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の揚州の言及

【九州】より

…諸説ある中で最も有名なのは《書経》の〈禹貢〉にみえる九州で,山川を基準にして中国を次のように分けている。冀(き)州(今日の山西省,河北省),兗(えん)州(河北省南部,山東省北西部),青州(山東省中東部),徐州(山東省南部,江蘇省北部,安徽省北部),揚州(江蘇省,安徽省,浙江省),荆(けい)州(湖北省,湖南省,江西省),予州(河南省,湖北省北部),梁州(陝西省南部,四川省),雍(よう)州(陝西省,甘粛省)の九つである。《周礼(しゆらい)》の〈職方氏〉の九州説は〈禹貢〉の冀州の北半分を幽州(河北省北部)と幷(へい)州(山西省北部)に分け,代りに徐州と梁州を除いている。…

【江蘇[省]】より

…この陸地化が急速に進んだのは,1194年に黄河道が変わってから范公堤(はんこうてい)の外側に大量の砂泥が堆積したためである。 長江三角州は鎮江,揚州から東へ長江の沖積によってできた大平原で,北は新通揚運河から南は杭州湾まで,上海市はその中に含まれる。長江は南京を過ぎて平地に出ると,流れはゆるやかになり大量の砂泥を下流に沈殿させて,太湖を中心とする広大な湿地帯を作りあげた。…

【揚州画舫録】より

…中国,清代18世紀末の揚州(江蘇省)の都市繁盛記。18巻。…

※「揚州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

揚州の関連キーワード漢水長江揚子江安慶江蘇清涼山泰州馬鞍山茅山揚子江デルタ地帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

揚州の関連情報